丸果石川中央青果

野菜と果物から つながる人と人

新着情報

このジャガイモを食べればわかる“能登はやさしや土までも”能登赤土男爵(のとあかつちだんしゃく)

【担当・玉井の願い】
地物のじゃがいも「能登赤土男爵」が本日より始まりました。石川県能登地方の丘陵地には赤土の土壌が広がっており、穴水や珠洲で栽培された馬鈴薯は涼しい夏に育んだデンプン価の高いホクホクの馬鈴薯が生産されます。出荷者は「能登野菜出荷協議会」。能登地方のJAが連携を組んだ体制です。赤土特有の少し赤みがかった外皮の鮮やかさ・キメの細かさ・煮崩れのしにくさ・ホクホク感など、どれをとっても申し分ない品質ですが、出荷期間が8月盆前まで、へたすれば7月一杯で切り上がる短期的商材なのが玉に瑕です。ぜひこの機会を逃さずお買い求めいただきたいです。さらには能登地方からは赤土でない地域からも馬鈴薯が出てまいりますので併せてご賞味ください。能登の生産者は減少傾向なだけに大事に守りたいもの。末永く作り続けていただきたいと切に願っています。

コメントは受け付けていません。